2016年01月26日

収蔵品展「日本漫画創世記―北沢楽天と仲間たち―」|埼玉・市立漫画会館で開催!

埼玉の市立漫画会館にて、「日本漫画創世記―北沢楽天と仲間たち―」が開催〜
漫画雑誌『東京パック』、「時事漫画」原画、日本画など(約250点)を展示
北沢楽天(1876−1955)は、2016年に生誕140年

本展では、明治の終わりに類まれな画力と風刺の精神をもって登場し、日本の漫画の礎を築いた北沢楽天の画業を、漫画会館が所蔵する約250点の資料で辿ります。


〜簡単に記載しておきます↓

《展覧会の概要》==========
■開催地;埼玉

■会 場;さいたま市立漫画会館 企画展示室(1階)
  埼玉県さいたま市 北区盆栽町150

■開催日;2015年4月25日(土)〜6月28日(日)

■入場料;無料

■開館時間;午前9時〜午後4時30分

■問い合わせ先;

■主 催;さいたま市立漫画会館

■内 容
北沢楽天は、先駆けのマンガ家として、23歳という若さでデビュー!才能を発揮して、引退する52歳まで新聞紙上に掲載され、描き続けられています!

PS.マンガの原点ともいえる漫画家であり、近代マンガを語るにはこの人抜きでは難しいでしょうね!
posted by 絵画天次郎 at 18:57| Comment(0) | 埼玉県@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

漫画を描くにはどこから手をつければいいの?《教えてQ》

キャラから描くべきなのか、ストーリーから考えるべきなのか、いつも迷っています。ストーリーと言っても曖昧な物しか想像できないですし・・。

GRU_sangakunomachi500-thumb-667x500-2884.jpg

まずはストーリーを曖昧でもいいのでイメージすることですね!確かに、その曖昧を元にキャラを描けば、それが少し具体的になりました。このようにすれば少しづつイメージを膨らせていくことができそうです。

==関連情報
《FAQ》チキリの決まりごとについて?
《記事》漫画を描くのに知識は不要?
posted by 絵画天次郎 at 19:06| Comment(0) | マンガのコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

「大島司原画展」|静岡・二の丸美術館で開催! 「大島司原画展」|静岡・二の丸美術館で開催!

静岡の二の丸美術館にて、「「シュート!」など原画50点」の展示会が開催〜
今年がデビュー25周年なのを記念して企画
「大島司原画展」のタイトルで約50点を展示

掛川市出身の漫画家、大島司さん(45)の人気シリーズ「シュート!」などの原画を集めた展覧会となります。


〜簡単に記載しておきます↓

《展覧会の概要》==========
■開催地;静岡

■会 場;掛川城内の二の丸美術館
  静岡県掛川市掛川1142番地の1

■開催日;2016年1月5日から2月14日まで

■入場料;入館料200円(中学生以下は無料)

■開館時間;9時から17時(入館は16時30分まで)

■問い合わせ先;tel. 0537-62-2061

■主 催

■内 容
今年がデビュー25周年なのを記念して企画。本格的な原画展開催が初めての大島さんが、「古里で開きたい」と希望して実現したという。原画のほかアニメを製作した際のセル画や映画の台本なども展示されています。

PS.等身大パネルを作りPRするほか、複製原画やオリジナルグッズなども販売予定です!
posted by 絵画天次郎 at 11:18| Comment(0) | 静岡県@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする