2017年01月21日

「誰のためのマンガ展?」|京都・国際漫画ミュージアムで開催!

京都・国際漫画ミュージアムにて、「漫画展」テーマにした企画展示「誰のためのマンガ展?」が開催〜
「学習漫画」「風刺漫画」などの漫画が生まれた背景や役割を知る!
「誰のためのマンガ展?」

「漫画展」テーマにした企画展示「誰のためのマンガ展?」が展示されています!


〜簡単に記載しておきます↓

《展覧会の概要》==========
■開催地;京都

■会 場;京都国際漫画ミュージアム
  京都府京都市中京区 烏丸通御池上ル (元龍池小学校)

■開催日;2017年2月8日まで

■入場料;入館料は大人=800円、中高生=300円、小学生=100円

■開館時間;開館時間は10時〜18時(最終入館は17時30分)

■問い合わせ先;

■主 催;同館と京都精華大学国際マンガ研究センター、マンガミュージアム研究会

■内 容
漫画が生まれた背景や役割を知る「正しく読む」ことに、漫画に町おこしや外国人といった視点を組み合わせた実験的取り組みを行われています。

PS.漫画の歴史を深く考察できそうな企画ですね〜
posted by 絵画天次郎 at 11:08| Comment(0) | 京都府@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

ルーヴルNo.9−展|大阪・グランフロントで開催!

大阪のグランフロントにて、「ルーヴルNo.9」が開催〜
ルーブル美術館を題材にした漫画家の作品展
ルーヴルNo.9〜漫画、9番目の芸術〜

ルーブル美術館を題材にした漫画家の作品展「ルーヴルNo.9〜漫画、9番目の芸術〜」が開催されます!


〜簡単に記載しておきます↓

《展覧会の概要》==========
■開催地;大阪

■会 場;グランフロント
  大阪市北区大深町

■開催日;2017年1月〜

■入場料;一般・大学生=1,600円、中高生=1,200円、小学生=600円

■開館時間;11時〜18時

■問い合わせ先;

■主 催;

■内 容
展示の中心は「ルーヴル美術館BDプロジェクト」に参加する漫画家16人の原画やネーム、特別映像など約300点。2003年に、漫画表現でルーブル美術館の魅力を伝えようと始まった同プロジェクトとなります!

PS.なんやら壮大な企画なので、是非足を運びたいですね!

posted by 絵画天次郎 at 00:00| Comment(0) | 大阪府@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

「立石大河亞+横山裕一」展|広島・広島現代美術館で開催!

広島の広島現代美術館にて、「立石大河亞+横山裕一」が開催〜
「世界が妙だ! 立石大河亞(たいがあ)+横山裕一の漫画と絵画」
「立石大河亞+横山裕一」展

組み合わせの妙、とでもいえるのでしょうか。「世界が妙だ! 立石大河亞+横山裕一の漫画と絵画」はともに美術家で漫画家の立石大河亞と横山裕一の仕事に注目。面識はない2人のユーモア漂うナンセンスな作品が味わえそうです。


〜簡単に記載しておきます↓

《展覧会の概要》==========
■開催地;広島

■会 場;広島現代美術館
  広島県広島市南区比治山公園1-1

■開催日;2016年10月28日(金)〜2017年1月22日(日)

■入場料;一般1,030(820)円、大学生720(620)円、
高校生・65歳以上510(410)円、中学生以下無料
※( )内は前売り及び30名以上の団体料金
※11月3日(文化の日)は全館無料

■開館時間;10:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)

■問い合わせ先;tel. 03-5777-8600

■主 催:広島市現代美術館、中国新聞社

■内 容
本展覧会では、立石大河亞のコマ割り絵画を含む油彩、60年代から80年代に制作した漫画原画、そして、横山裕一が初期に手がけた絵画、新作漫画『アイスランド』、本展のために描き下ろした漫画原画を紹介します。立石も横山も制作に際し、私たちの暮らす世界を参照しながら、現実を引きずることなくもうひとつの世界を大胆に提示します。

PS.一見「なんでもあり」な状況がもたらすユーモアは、翻って私たちの世界を改めて見つめる機会となるかもしれません^^
posted by 絵画天次郎 at 11:23| Comment(0) | 広島県@美術館情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする