2017年09月13日

達人伝×蒼天航路 王欣太原画展|広島で開催!

広島県の廣文館(新幹線店)にて、「達人伝×蒼天航路 王欣太原画展」が開催〜

圧巻のオールカラー!

達人伝×蒼天航路 王欣太原画展

王欣太氏の2大代表作「達人伝〜9万里を風に乗り〜」(漫画アクションで連載中)と、2005年に完結した三国志マンガ「蒼天航路」の原画を展示する「達人伝×蒼天航路 王欣太原画展」が広島県の廣文館(新幹線店)で開催されます。


《展覧会の概要》

20170913a.jpg

■開催地;広島県(広島市)


■会 場;廣文館(新幹線店) 
 広島県広島市南区松原町1-2


■開催日;2017年9月28日(木)〜10月29日(日)


■主 催;(c)王欣太/双葉社 (c)王欣太/講談社


■内 容

王欣太が自身15年ぶり2度目の原画展を開催。今回は代表作「蒼天航路」と現在「漫画アクション」で連載中の「達人伝〜9万里を風に乗り〜」にフォーカス。原画展と言えば複製原画が展示されることが多いが、今回は全て生原稿で、オールカラー原画を展示。また今回の原画展のため新たに描き下ろされた両作品がひとつとなったコラボレーション原画も今回のみどころの一つになっています。


■蒼天航路といえば・・

数ある三国志を題材とした漫画の中でも、曹操が主人公という今までの三国志の基本を打ち破った新しい三国志マンガとして人気の作品です。

キャッチコピーは「衝撃のネオ三国志」。三国志の正史と『三国志演義』のエピソードへの独自のアレンジと、臨場感溢れる豪快な迫力や作者が「その人物に与えるコマにおいては全員主役」と語る[1]という緻密なキャラクター描写が特長。(ウィキペディアより一部抜粋)
posted by 絵画天次郎 at 15:37| Comment(0) | 広島県@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

こうの史代「この世界の片隅に」原画展|福岡で開催!

福岡市の大丸福岡天神店にて、こうの史代「この世界の片隅に」原画展が開催〜

大ヒット映画の原作!

こうの史代「この世界の片隅に」原画展

コミックス+アニメ映画が大ヒットを記録し、日本中に感動を呼んでいる『この世界の片隅に』の原画展が福岡で開催されます。


《展覧会の概要》

20170903b.jpg

■開催地;福岡市(中央区)


■会 場;大丸福岡天神店(本館8階催場)
 〒810-8717 福岡市中央区天神1-4-1


■開催日;2017年9月13日(水)〜9月24日(日)

■入場料;
 800円
 入場特典として描き下ろしポストカードをお渡し
 ※小学生以下無料

■開館時間;
 10:00〜20:00
 ※入場は閉場の30分前まで。 ※最終日は17:00閉場(最終入場16:30)

■問い合わせ先;092-712-8181(代)

■主 催;株式会社博多大丸
     こうの史代「この世界の片隅に」実行委員会


■内 容

柔らかく美しいカラーイラストや情感溢れるタッチで描かれたマンガ原稿など原画130点以上に加え、連載時に使用された取材ノートや手作り年表、使用した画材道具など貴重資料が展示される大ボリュームの展示会です。また、展示だけでなく、記念グッズや原画を忠実に再現した直筆サイン入りアートグラフ(高画質デジタル複製画)の販売も実施いたします。

入場特典として、描き下ろしのポストカードももらえます!


■「この世界の片隅に」とは・・

こうの史代による日本の漫画作品。『漫画アクション』(双葉社)にて2007年1月23日号 - 2009年1月20日号まで連載。単行本は同社より上・中・下巻の形式と、前編・後編の形式で発売。(ウィキペディアより)

昨年公開された本作のアニメ映画は大ヒットを記録、日本アカデミー賞・最優秀アニメーション作品賞受賞や、監督片渕須直氏の芸術選奨・映画部門・文部科学大臣賞受賞などで高く評価されています。その原作コミックである本作「この世界の片隅に」(双葉社)も2009年に第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞するなど高く評価されている作品です。
posted by 絵画天次郎 at 11:46| Comment(0) | 福岡県@美術館情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

久米田康治のかくしごと展|熊本で開催!

熊本県の湯前まんが美術館にて、「久米田康治のかくしごと展」が開催〜

貴重なネームや原画が約250点!

久米田康治のかくしごと展

久米田康治氏が、湯前まんが美術館の周辺一帯で行われた「2015ゆのまえ漫画フェスタ」に出演したことがっかけで実現した展覧会。デビュー作「行け!!南国アイスホッケー部」から最新作「かくしごと」までのネームや鉛筆原画、デジタル原画など約250点が展示されます。

《展覧会の概要》

20170901b.jpg

■開催地;熊本県(湯前町)


■会 場;湯前まんが美術館(湯前町中央公民館)
 熊本県球磨郡湯前町1834-1


■開催日;2017年8月26日(土)〜10月15日(日)

■入場料;
 一般・大学生・高校生 300(210)円
 小学生・中心 100(70)円
 ※()内は20名以上の団体様料金

■開館時間;
 9時30分〜17時まで

■問い合わせ先;Tel 0966-43-2050

■主 催;湯前まんが美術館


■内 容

久米田先生のデビュー作「行け‼南国アイスホッケー部」をはじめ、「かってに改蔵」「さよなら絶望先生」、「かくしごと」などの原画やデジタル原画、書籍などを一挙に展示します。


■展覧会のみどころ・・

久米田先生の作品は、現在の出版コードではとても許容されない下ネタの数々は、今なお30代男子の性春の記憶に深く刻み込まれ、伝説の作品となっているものや、昭和ノスタルジックな世界観と現代風刺を取り入れたショートコメディなど楽しい作品ばかりです。
posted by 絵画天次郎 at 06:17| Comment(0) | 熊本県@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする