2017年09月01日

ReLIFE@おおいたプロジェクト|大分で開催!

大分・大分県立美術館にて、「ReLIFE@おおいたプロジェクト」が開催〜

謎の秘薬で社会復帰を目指す、話題の学園モノ!

ReLIFE@おおいたプロジェクト

漫画アプリcomicoに連載中で、TVアニメ化もされ話題の学園漫画「ReLIFE」の世界観を体験できる原画展が、作品の舞台となる地元・大分県立美術館にて開催されます。


《展覧会の概要》

20170901b (2).jpg

■開催地;大分県(大分市)


■会 場;大分県立美術館 1階 アトリウム
 大分県大分市寿町2丁目1


■開催日;2017年9月30日(土曜日)〜 2017年10月9日(月・祝)


■入場料;
 入場無料


■開館時間;
 10時00分〜19時00分 最終日(10月9日)は16時00分まで


■主 催;おおいた@プロジェクト


■内 容

ReLIFEのマンガやアニメ原画の資料や映像を展示した、作品や主要キャラクターの魅力にせまったイベント。作品と深く関わりのある大分でのここでしか経験できない特別空間が楽しめます!
==

■ReLIFEとは?

漫画アプリcomicoに連載されている、夜宵草による漫画。既刊7巻。

(あらすじ)
海崎新太(27歳)は、新卒として入社した会社を3ヶ月で退職。その後の就活もうまく行かず、親からの仕送りも打ち切られ田舎に戻ることを迫られる。悩みを打ち明けられる友達も彼女もいない……途方に暮れる海崎の前に謎の人物・夜明了が現れる。夜明は海崎にニートを対象にした社会復帰プログラム「リライフ」への参加をもちかける。その内容は、謎の秘薬で見た目だけ若返り、1年間高校生として高校に通うことだった―。※ニコニコチャンネルより引用
==

開催初日には、地元大分出身、夜宵草先生のサイン会も開催決定!!
posted by 絵画天次郎 at 11:14| Comment(0) | 大分県@美術館情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久米田康治のかくしごと展|熊本で開催!

熊本県の湯前まんが美術館にて、「久米田康治のかくしごと展」が開催〜

貴重なネームや原画が約250点!

久米田康治のかくしごと展

久米田康治氏が、湯前まんが美術館の周辺一帯で行われた「2015ゆのまえ漫画フェスタ」に出演したことがっかけで実現した展覧会。デビュー作「行け!!南国アイスホッケー部」から最新作「かくしごと」までのネームや鉛筆原画、デジタル原画など約250点が展示されます。

《展覧会の概要》

20170901b.jpg

■開催地;熊本県(湯前町)


■会 場;湯前まんが美術館(湯前町中央公民館)
 熊本県球磨郡湯前町1834-1


■開催日;2017年8月26日(土)〜10月15日(日)

■入場料;
 一般・大学生・高校生 300(210)円
 小学生・中心 100(70)円
 ※()内は20名以上の団体様料金

■開館時間;
 9時30分〜17時まで

■問い合わせ先;Tel 0966-43-2050

■主 催;湯前まんが美術館


■内 容

久米田先生のデビュー作「行け‼南国アイスホッケー部」をはじめ、「かってに改蔵」「さよなら絶望先生」、「かくしごと」などの原画やデジタル原画、書籍などを一挙に展示します。


■展覧会のみどころ・・

久米田先生の作品は、現在の出版コードではとても許容されない下ネタの数々は、今なお30代男子の性春の記憶に深く刻み込まれ、伝説の作品となっているものや、昭和ノスタルジックな世界観と現代風刺を取り入れたショートコメディなど楽しい作品ばかりです。
posted by 絵画天次郎 at 06:17| Comment(0) | 熊本県@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。