2017年11月30日

連載40周年記念 ガラスの仮面展|京都で開催!

京都・美術館「えき」KYOTOにて、「連載40周年記念 ガラスの仮面展」が開催〜

原画&カラーイラストが400点!

連載40周年記念 ガラスの仮面展

演劇漫画の金字塔「ガラスの仮面」連載40周年を記念して、漫画家・美内すずえによる原画展が京都・美術館「えき」KYOTOにて開催されます。


《展覧会の概要》

20171123d.jpg

■開催地;京都市(下京区)


■会 場;美術館「えき」KYOTO
 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹7F隣接

■開催日;2017年12月1日(金)〜25日(月)

■入場料;
 [前売り料金] 一般700円、高・大学生500円、小・中学生300円
 [当日料金]  一般900円、高・大学生700円、小・中学生500円

■開館時間;
 午前10時〜午後8時

■主 催;美術館「えき」KYOTO、朝日新聞社

■内 容

1976年に連載を開始した当初の貴重な漫画原画を含む、多彩なカラーイラスト、モノクロ原稿で、名シーンを振り返ると共に、舞台化された際の資料など、計400点以上を通して、作品の魅力にあらためて迫る内容となっています。

また、2017年が美内すずえさんのデビュー50周年にあたることから、デビューからこれまでに発表した作品を紹介するコーナーも設置されるようです!


■ガラスの仮面といえば・・

幻の名作「紅天女(くれないてんにょ)」の主役をめぐり、激しい争いを繰り広げる天才少女・北島マヤと、宿命のライバル・姫川亜弓。マヤを陰から支える「紫のバラのひと」大都芸能社長・速水真澄や、伝説の大女優でありマヤの師である月影千草。登場するキャラクターも作品の大きな魅力となり、単行本49巻までの累計発行部数は5,000万部を超えるベストセラーとなっています。


安達裕美さん主演でドラマ化もされてましたよね〜。懐かしいデス。
posted by 絵画天次郎 at 11:09| Comment(0) | 京都府@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

ヒバナ原画展|千葉で開催!

千葉・イオンモール幕張新都心グランドモール1階 幕張蔦屋書店にて、「ヒバナ原画展」が開催〜

東村アキコ「雪花の虎」など!

ヒバナ原画展

今年8月に惜しまれつつ廃刊となった小学館の漫画雑誌「ヒバナ」。同誌で連載されていた、東村アキコ「雪花の虎」5巻が11月10日に発売されることにあわせ、原画展が千葉・幕張にて開催されます。


《展覧会の概要》

20171205.jpg

■開催地;千葉県(幕張)


■会 場;千葉・イオンモール幕張新都心グランドモール1階 幕張蔦屋書店
 千葉県千葉市美浜区豊砂1−1


■開催日;2017年11月10日(金)〜12月10日(日)


■開館時間;
 10:00〜22:00


■内 容

2017年8月、惜しまれつつ休刊してしまった漫画雑誌「ヒバナ(小学館)」の原画展の開催が決定しました。11月10日の東村アキコが描く歴史ロマン「雪花の虎」新刊発売に合わせて、「ヒバナ」連載陣の貴重な原画が一堂に会する、恐らく最後の機会です!


■「ヒバナ原画展」の展示作品を紹介!

・東村アキコ「雪花の虎」
・たなと「あちらこちらぼくら」
・トウテムポール「或るアホウの一生」
・鎌谷悠希「しまなみ誰そ彼」※
・野田彩子「潜熱」※
・スエカネクミコ「ベルサイユオブザデッド」※
・虚淵玄、七竈アンノ「アイゼンフリューゲル」
・松本剛「ロッタレイン」
・磯谷友紀「あかねのハネ」
・西尾雄太「アフターアワーズ」※
・秀良子「ロメオがライバル」

※「しまなみ誰そ彼」「潜熱」「ベルサイユオブザデッド」「アフターアワーズ」の4作品はデータ原稿のため複製原画を展示。
posted by 絵画天次郎 at 09:08| Comment(0) | 千葉県@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

Joan Cornella Japan Solo Exhibition 2017|東京で開催!

東京・品川区の寺田倉庫にて、「Joan Cornella Japan Solo Exhibition 2017」が開催〜

スペインの蛭子(能収)さん!?

Joan Cornella(ホアン・コルネラ) Japan Solo Exhibition 2017

スペインの鬼才風刺漫画作家「ホアン・コルネラ(Joan Cornella)」が、日本初となる個展を東京・品川区にて開催します。


《展覧会の概要》

20171124.jpg

■開催地;東京都(品川区)


■会 場;T-ART HALL(寺田倉庫Dエントランス)
 東京都品川区東品川2丁目6-10


■開催日;2017年12月1日(金)〜12月10日(日)

■入場料;
 前売(入場日指定)¥1,000(税込)、当日券 ¥1,200(税込)
 ※未就学児童無料

■開館時間;
 11:00〜20:00 ※最終入館は19:30まで


■主 催;寺田倉庫


■内 容

シュールなユーモアとブラックジョークを織り交ぜた風刺漫画を描き続けるホアン・コルネラ(Joan Cornella)の日本初となる個展。シンプルかつ風変わりなビジュアルは、スペインの蛭子(能収)さんと呼ばれ話題にもなりました。この機会に、世界中で反響を巻き起こしてきたコルネラの世界観を是非、体験してみてはいかがでしょうか。


■風刺漫画とは・・

風刺漫画(ふうしまんが)とは、現実の社会や政治を風刺することを目的とする漫画の一ジャンルである。 新聞では社説やコラムなどとともに掲載される事が多く、1コマ・4コマといったように比較的短い作品が中心となる。(ウィキペディアより)

風刺漫画家といえば

・ジョルジュ・ビゴー
・チャールズ・ワーグマン
・ラナン・ルリー
・宮武外骨
・いしいひさいち
・やくみつる
・久米田康治
・押切蓮介
・松井優征
・小林よしのり
・山藤章二
・ウノ・カマキリ
・クミタ・リュウ
・佐藤正明
・王立銘

などが、有名ですね。
posted by 絵画天次郎 at 07:32| Comment(0) | 東京@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。