2017年08月01日

ディズニー・アート展|大阪・天王寺で開催!

大阪の大阪市立美術館にて、「ディズニー・アート展〜いのちを吹き込む魔法」が開催〜

ミッキーマウスの誕生から最新作まで!

ディズニー・アート展〜いのちを吹き込む魔法〜


ミッキーマウスの誕生から最新作『モアナと伝説の海』まで、ディズニー・アニメーション・リサーチ・ライブラリーのキュレーターが厳選した約500点の原画が出展されます。ディズニーが誇る約90年分の原画、そのほとんどが日本発上陸となります!



《展覧会の概要》

20170801.jpg

■開催地;大阪(天王寺区)


■会 場;大阪市立美術館
 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1−82


■開催日;2017年10月14日(土)〜2018年1月21日(日)

■入場料;
 一般1,600円(1,400円)
 高大生1,200円(1,000円)
 ※カッコ内は、前売り、20名以上の団体料金

■開館時間;
 午前9時30分から午後5時

■問い合わせ先;種村有菜原画展〜20th anniversary〜運営事務局


■主 催;大阪市立美術館、読売テレビ、読売新聞社


■内 容

日本でディズニー作品についての展覧会は過去2回開催されましたが、初期のミッキーマウスから、最新作までが一堂に展示されるのは、今回「ディズニー・アート展〜いのちを吹き込む魔法〜」が初めてとなります。貴重な原画を目の当たりにする絶好の機会をお見逃しなく!


■展覧会のみどころ・・

1928年(昭和3年)に描かれた、ミッキーマウスのデビュー作、その貴重な原画が初登場となります。ミッキーマウスの公式デビュー作は1928年に公開された『蒸気船ウィリー』ですが、じつはその少し前に、ミッキーマウスの真のデビュー作とも言うべき『プレーン・クレイジー』があったのです!とても90年近く前に描かれたとは思えない、鮮やかな鉛筆画のタッチをじっくりとご覧下さい。

posted by 絵画天次郎 at 05:57| Comment(0) | 大阪府@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

ルーヴルNo.9−展|大阪・グランフロントで開催!

大阪のグランフロントにて、「ルーヴルNo.9」が開催〜
ルーブル美術館を題材にした漫画家の作品展
ルーヴルNo.9〜漫画、9番目の芸術〜

ルーブル美術館を題材にした漫画家の作品展「ルーヴルNo.9〜漫画、9番目の芸術〜」が開催されます!


〜簡単に記載しておきます↓

《展覧会の概要》==========
■開催地;大阪

■会 場;グランフロント
  大阪市北区大深町

■開催日;2017年1月〜

■入場料;一般・大学生=1,600円、中高生=1,200円、小学生=600円

■開館時間;11時〜18時

■問い合わせ先;

■主 催;

■内 容
展示の中心は「ルーヴル美術館BDプロジェクト」に参加する漫画家16人の原画やネーム、特別映像など約300点。2003年に、漫画表現でルーブル美術館の魅力を伝えようと始まった同プロジェクトとなります!

PS.なんやら壮大な企画なので、是非足を運びたいですね!

posted by 絵画天次郎 at 00:00| Comment(0) | 大阪府@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

浦沢直樹展 |大阪・大阪南港ATC特設会場で開催!

大阪の大阪南港ATC特設会場 (ITM棟2階)にて、「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる -大阪の巻-」が開催〜
漫画家・浦沢直樹が描く!喋る!歌う!展覧会記念ライブ
浦沢直樹展

「YAWARA!」「MONSTER」「20世紀少年」などの作品で知られる、漫画家・浦沢直樹の作品展「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる -大阪の巻- 」が開催します!


〜簡単に記載しておきます↓

《展覧会の概要》==========
■開催地;大阪

■会 場;大阪南港ATC特設会場 (ITM棟2階)
  大阪市住之江区南港北2-1-10

■開催日;開催中〜2017年1月25日(水)

■入場料;大人1300円、小中学生600円
※金曜日は19:00まで

■開館時間;11:00〜18:00 (最終入場は30分前まで)

■主 催

■内 容
本展では、漫画家・浦沢直樹がこれまでに手掛けてきた作品の原稿展示をはじめ、ストーリーの構想メモやネーム、さらに秘蔵イラストやスケッチ、少年時代の漫画ノートに至るまで、浦沢直樹のペン先の熱量に触れることができる膨大な手稿が公開されます!

PS.最近はパソコンでも漫画をかけるようになったけど、やっぱり原点である手書きは決してなくなることはない!そう感じさせてくれたのは、浦沢先生の原画を見ていてとても感傷に浸りました。
ラベル:浦沢直樹 漫画
posted by 絵画天次郎 at 11:16| Comment(0) | 大阪府@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする