2018年02月01日

コードギアス 反逆のルルーシュ展|東京で開催!

東京ドームシティ Gallery AaMoにて、「コードギアス 反逆のルルーシュ展」が開催〜

劇場版公開記念の大規模展覧会!

コードギアス 反逆のルルーシュ展

2000年代を代表するTVアニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』。劇場版最新作が2018年2月と5月に公開されるのを記念して、初の大規模展覧会が、東京ドームシティ Gallery AaMoにて開催されます。


《展覧会の概要》

20180201.jpg

■開催地;東京都(文京区)


■会 場;東京ドームシティ Gallery AaMo
 東京都文京区後楽1-3-61


■開催日;2018年2月3日(土)〜2月12日(月祝)


■入場料;
 前売券A:一般・大学生……2,000円/中高生以下……1,400円
 ※入場券1枚+特製チケットクリアファイル1種引換券

 前売券B:一般・大学生……6,000円/中高生以下……4,200円
 ※入場券3枚+特製チケットクリアファイル3種引換券


■開館時間;
 【平日・日・祝】10:00〜18:00
 【土】10:00〜19:00


■内 容
劇場版3部作の公開を記念して初の大規模展覧会が開催されます。本展覧会は『コードギアス 反逆のルルーシュ』、『コードギアス 反逆のルルーシュR2』をご覧になった皆さんが楽しめる内容になっており、厳選した原画・イラスト約170点を中心に展示!

いきなりの本展覧会へのお越しの方は、くれぐれも「ネタバレ」にはご注意ください。
==

■展示内容の紹介!!

【ZONE】
・エントランス
・Geass Corridor
・過ぎ去りし日々〜絶望したその先で運命を共にする友と出会う。
・心休まる場所〜そこは、ルルーシュにとって唯一心休まる場所だった。
・反逆の意志〜彼を拒む世界への反逆を開始する。
・こぼれ落ちたかけがえのないもの〜伸ばした手からは、大切なものが次々と失われていく。
・相容れぬ想い〜譲れない想い。だが、相容れることは出来ない。それならば……。
・ゼロ・レクイエム〜すべては優しい世界のために。
・アッシュフォード学園購買部
・Message to Lelouch

【PHOTOSPOT】
・リメイク版等身大ルルーシュ像
・枢木神社
・皇帝ルルーシュ玉座

【VOICE】
・Geass Corridor
・Geass Message

【音声ガイド】
ルルーシュ、スザク、ゼロVer. 各11シーン 完全オリジナル収録
==

厳選した原画・イラスト約170点を中心に、キャラクター音声ガイドやフォトスポットなど、“ギアス”ファンにはたまらない内容に!!
posted by 絵画天次郎 at 10:05| Comment(0) | 東京@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

成田美名子画業40周年記念原画展|東京・銀座で開催!

東京(銀座)・画廊 スパンアートギャラリーにて、「成田美名子画業40周年記念原画展」が開催〜

珠玉のカラー原画40点!

成田美名子画業40周年記念原画展

連載中の「花よりも花の如く」が長年ファンの人気を集めている漫画家・「成田美名子」先生の画業40周年を記念した原画展が東京(銀座)・成田美名子にて開催されます。


《展覧会の概要》

20180125.jpg

■開催地;東京都(中央区銀座)


■会 場;画廊 スパンアートギャラリー
 東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル


■開催日;2018年2月10日(土)〜2月20日(火)


■開館時間;
 11時〜19時 (最終日は17時まで)


■主 催;画廊 スパンアートギャラリー


■内 容
1976年に創刊された花とゆめLaLaが、LaLa(ともに白泉社)と名称を改め月刊化した77年、17歳でデビューを飾った成田美名子先生。その成田先生の画業40周年を記念して原画展の開催が決定しました!成田先生自らが選ばれた珠玉のカラー原画、全40点が展示されます。(会場展示原画全種の複製原画も販売予定)
==

■同時開催の「花花能」も見逃せない!!

「花花能」とは、『メロディ』(白泉社)で連載中の『花よりも花の如く』作中で能楽師・憲人が演じた演目を、豪華メンバーで上演するというものです。

その内容は、
シテ・長山桂三による「能『羽衣』和合之舞」、シテ・馬野正基による「能『葵上』梓之出・空之祈」、シテ・野村萬斎による「狂言『蝸牛』」など各日異なる演目が披露され、2日目となる12日には観世銕之丞と成田の対談も実施!

(概要)
開催期間:2018年2月11日(日)、12日(月・祝)、13日(火)
時間:11日、12日は13:00開演(12:30開場)13日は19:00開演(18:30開場)
会場:GINZA-SIX 観世能楽堂
住所:東京都中央区銀座6-10-1
入場料:SS席 14,000円/S席 12,000円/A席 9,000円/B席 7,000円
電話:03-6262-0794
==

成田美名子の代表作で、連載15年となる「花よりも花の如く」の世界観を「能」で表現する特別企画は、今流行の2.5次元と呼ぶには余りにも格式が高い!!
posted by 絵画天次郎 at 12:03| Comment(0) | 東京@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

くらもちふさこ・いくえみ綾 二人展 「 “私の好きな人”へ」|東京で開催!

東京・パルコミュージアムにて、くらもちふさこ・いくえみ綾 二人展 「 “私の好きな人”へ」が開催〜

互いに深い尊敬の念を抱いてきた2人の展覧会!

くらもちふさこ・いくえみ綾 二人展 「 “私の好きな人”へ」

業界内外に多くのファンを持ち、常に少女漫画の第一線を走り続ける2人の漫画家「くらもちふさこ」と「いくえみ綾」。今回、それぞれのキャリアで初となる原画展が東京・パルコミュージアムにて開催されます。


《展覧会の概要》

20180112.jpg

■開催地;東京都(豊島区)

■会 場;パルコミュージアム  池袋パルコ・本館7F
 東京都豊島区南池袋1丁目28−2

■開催日;2018年2月9日 (金) 〜2月25日(日)

■入場料;
 一般700円

■開館時間;
 10:00〜21:00

■主 催;パルコ

■内 容
絶えず革新的な作品で読者を魅了してきた、漫画家「くらもちふさこ」。その、くらもちに憧れ漫画家を志し、数々のヒット作を世に送り出し続けている「いくえみ綾」。業界内外に多くのファンを持ち、常に少女漫画の第一線を走り続ける2人による、初の原画展は、互いに深い尊敬の念を抱いてきた両氏ならではの「二人展」として開催が決定しました。
==

■2人の作者、プロフィール紹介!!

・くらもちふさこ
1972年、『別冊マーガレット』(集英社)にて「メガネちゃんのひとりごと」でデビュー。以後同誌を中心に多くの作品を発表。思春期の女の子の恋愛を独自の視点で繊細に描き、幅広い人気を得る。
1980年「いつもポケットにショパン」、続き1982年「いろはにこんぺいと」が大ヒット。1985年の「アンコールが3回」も「いつもポケットに〜」と同様、音楽を題材にしている。1991年、3人の少女の日常を描いたオムニバスドラマ「チープスリル」を連載。1995年、『コーラス』(集英社)に、地方の村の中学校を舞台にした「天然コケッコー」を発表。1996年、同作で講談社漫画賞を受賞。2007年には渡辺あや脚本・山下敦弘監督により映画化される。2010年より『コーラス』でスタートし、『ココハナ』(集英社)にて2016年に連載完結した「花に染む」で、2017年第21回手塚治虫マンガ大賞を受賞。現在『ココハナ』にて「とことこクエスト」を連載中。他の代表作に「白いアイドル」「おしゃべり階段」「わずか一小節のラララ」「A-Girl」「東京のカサノバ」など。

・いくえみ綾
1979年、『別冊マーガレット』(集英社)にて「マギー」でデビュー。
短編を得意とし、時代とマッチした感性の作品で、幅広い層の女性を中心に人気を得ている。その後、1988年「POPS」、1992年「I LOVE HER」とヒット作を生み、2000年「バラ色の明日」で第45回小学館漫画賞を受賞。2004年より『クッキー』(集英社)にて「潔く柔く」を連載。同作は2009年、第33回講談社漫画賞少女部門を受賞する。映像化も多く、 2017年『フィールヤング』(祥伝社)にて連載されていた「あなたのことはそれほど」がテレビドラマ化され話題になった他、2013年「潔く柔く」が、2018年「プリンシパル」が映画化(3月公開予定)されている。 現在、『クッキー』にて「太陽が見ている(かもしれないから)」、『ココハナ』にて「G線上のあなたと私」、『フィールヤング』にて「そろえてちょうだい?」、『月刊バーズ』(幻冬舎コミックス)にて「私・空・あなた・私」、『月刊!スピリッツ』(小学館)にて「おやすみカラスまた来てね。」と5本を連載中。
==

多くの少女漫画ファンに愛され続ける2人の原画が同時に観られる展覧会とあって、発表以来、話題となっているようですね〜。
posted by 絵画天次郎 at 06:45| Comment(0) | 東京@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする