2017年09月29日

魔法陣グルグル大原画展〜衛藤ヒロユキの世界〜|池袋で開催!

東京・池袋の西武池袋本店にて、「魔法陣グルグル大原画展〜衛藤ヒロユキの世界〜」が開催〜

連載25周年記念!

魔法陣グルグル大原画展〜衛藤ヒロユキの世界〜

ギャグファンタジーコミックの金字塔「魔法陣グルグル」連載25周年を記念して、原作者・衛藤ヒロユキによる初の大規模原画展が東京・池袋にて開催されます。


《展覧会の概要》

20170928a.jpg

■開催地;東京都(池袋)


■会 場;西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリー
 東京都豊島区南池袋1−28−1


■開催日;2017年11月10日(金)〜 11月23日(木・祝)

■入場料;
 一般 800円/大学生・高校生 600円/中学生 300円(小学生以下無料)

■開館時間;
 午前10時〜午後9時

■問い合わせ先;三省堂書店池袋本店 03(6864)8900(代表)


■主 催;トラフィックプロモーション


■内 容

漫画原稿・カラー原画からテレビアニメーション資料まで、200点以上が集結する、初の大規模原画展。
衛藤ヒロユキ先生のサイン会や原画展オリジナルグッズの販売も実施するなど、ファンには嬉しい内容となっています。


■魔法陣グルグルといえば・・

TVアニメの新シリーズが絶賛、放映中ですよね!

(放送済みのタイトル)
1話 「おくりもの」
2話 「アイディア アイディア」
3話 「グルグルのごくい」
4話 「べんり おいしくなる」
5話 「アイテム」
6話 「まいご ゴチンコの苦悩」
7話 「アッチ村へ」
8話 「ねこじただに」
9話 「きりなし ミグの不幸」
10話「コパたいりくへのみち ニセモノのとう」
11話「コパールへのみち」
12話「戦え!コパール城」(最新話)
posted by 絵画天次郎 at 14:44| Comment(0) | 東京@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

種村有菜 原画展〜20th anniversary〜|東京・池袋で開催!

東京の西武池袋本店にて、種村有菜「原画展〜20th anniversary」が開催〜

少女漫画界の大御所!20年間の集大成となる貴重な原画を展示

種村有菜 原画展〜20th anniversary〜


少女漫画雑誌の王道、集英社の『りぼん』から1996年にデビューした種村有菜先生の画業20周年を記念する原画展が開催されます。累計発行部数500万部を突破する大ヒットとなり、テレビアニメ化もされた「神風怪盗ジャンヌ」ほか、種村先生自らセレクトした美しく、華やかな原画の数々を観ることができる大チャンスです。



《展覧会の概要》

img_20170519.jpg

■開催地;東京(池袋)


■会 場;西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリー
 東京都豊島区南池袋1-28-1


■開催日;2017年6月21日(水)〜2017年7月3日(月)


■入場料;
 前売券:1,000円(税込)/当日券:1,300円(税込) 
 ※グッズ販売エリアは入場無料です。


■開館時間;
 10:00〜21:00
  ※最終日2017年7月3日は(月)は当会場のみ18時閉場

■問い合わせ先;
 種村有菜原画展 〜20th anniversary〜 運営事務局
 TEL:03-6367-5666
 ※2017年5月1日より開通


■主 催;
 種村有菜原画展 〜20th anniversary〜 運営事務局


■内 容

少女漫画界のレジェンド種村有菜先生のデビュー20周年を記念した原画展。今までの作品から最新作、新規描き下ろしイラストを含む自身「最大規模」の展示となる他、グッズ販売も充実しており、種村有菜ワールドが満載の展覧会となります。


■種村有菜先生の作品と言えば・・

イ・オ・ン(『りぼん』1997年6月号 - 同年11月号)
神風怪盗ジャンヌ(『りぼん』1998年2月号 - 2000年7月号)
時空異邦人KYOKO(『りぼん』2000年9月号 - 2001年9月号)
満月をさがして(『りぼん』2002年1月号 - 2004年6月号)
紳士同盟†(『りぼん』2004年9月号 - 2008年7月号)
絶対覚醒天使ミストレス☆フォーチュン(『りぼん』2008年7月号 - 同年9月号)
桜姫華伝(『りぼん』2009年1月号 - 2013年1月号)
風男塾物語(『マーガレット』2011年16号 - 同年23号)
猫と私の金曜日(『マーガレット』2013年5号 - 2015年24号)
31☆アイドリーム(『メロディ』2013年6月号 - 連載中)
瞬間ライル(『コミックZERO-SUM』2015年12月号 - 連載中)

などが有名ですね。



posted by 絵画天次郎 at 16:47| Comment(0) | 東京@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

ゲゲゲの人生−展|東京・銀座で開催!

東京の松屋銀座にて、水木しげる「ゲゲゲの人生」が開催〜

少年期の習作、戦地で描いたスケッチ、細密な妖怪画など約350点を展示

ゲゲゲの人生−展


漫画家・故水木しげるさんの波乱の人生を振り返る「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」と、記録的な大ヒット映画の魅力に迫る「『君の名は。』展」となります。



《展覧会の概要》

1.jpg

■開催地;東京


■会 場;松屋銀座
 東京都中央区銀座3丁目6−1


■開催日;2017年3月8日〜3月20日まで


■入場料;
 一般1,000円(800円)、中高大生800円(600円)、小学生300円(200円)、小学生未満無料


■開館時間;
 午前10時〜午後7時30分(午後8時閉場) 
 ※最終日は午後4時30分まで(午後5時閉場)

■問い合わせ先;


■主 催;朝日新聞社


■内 容

「ゲゲゲの人生展」は貴重な漫画原画のほか、少年期の習作、戦地で描いたスケッチ、細密な妖怪画など約350点を通し、水木さんの人間像に迫ります。


■メッセージを寄せてくださる方々

あがた森魚(ミュージシャン)、足立倫行(ノンフィクション作家)、荒俣宏(作家)、池上遼一(漫画家)、池田理代子(漫画家)、石野卓球(DJ/プロデューサー<電気グルーヴ>)、いとうせいこう(作家)、ウエンツ瑛士(タレント・俳優・歌手)、 内田春菊(漫画家)、香山リカ(精神科医)、木原浩勝(怪異蒐集家)、京極夏彦(小説家)、宮藤官九郎(脚本家・監督・俳優)、呉智英(評論家)、小松和彦(国際日本文化研究センター所長)、さかなクン(東京海洋大学名誉博士)、坂本慎太郎(ミュージシャン<元ゆらゆら帝国>)、佐野史郎(俳優)、春風亭昇太(落語家)、高橋留美子(漫画家)、高山みなみ(声優)、多田克己(妖怪研究家)、ちばてつや(漫画家)、手塚眞(ヴィジュアリスト)、デーモン閣下(ミュージシャン)、戸田恵子(女優)、中川翔子(タレント)、夏目房之介(漫画評論家)、根本敬(漫画家)、野沢雅子(声優)、ヒグチユウコ(画家)、藤子不二雄A(漫画家)、松たか子(女優)、松岡洋子(声優)、松下奈緒(女優)、松嶋初音(タレント)、松本零士(漫画家)、魔夜峰央(漫画家)、水野美紀(女優)、南伸坊(イラストレーター)、宮部みゆき(作家)、美輪明宏(歌手)、向井理(俳優)、持田香織(ミュージシャン<Every Little Thing>)、森山未來(俳優)、モンキー・パンチ(漫画家)、山口晃(画家)、ラサール石井(タレント)、渡辺徹(俳優)
(敬称略、五十音順)



posted by 絵画天次郎 at 14:14| Comment(0) | 東京@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする