2017年11月30日

連載40周年記念 ガラスの仮面展|京都で開催!

京都・美術館「えき」KYOTOにて、「連載40周年記念 ガラスの仮面展」が開催〜

原画&カラーイラストが400点!

連載40周年記念 ガラスの仮面展

演劇漫画の金字塔「ガラスの仮面」連載40周年を記念して、漫画家・美内すずえによる原画展が京都・美術館「えき」KYOTOにて開催されます。


《展覧会の概要》

20171123d.jpg

■開催地;京都市(下京区)


■会 場;美術館「えき」KYOTO
 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹7F隣接

■開催日;2017年12月1日(金)〜25日(月)

■入場料;
 [前売り料金] 一般700円、高・大学生500円、小・中学生300円
 [当日料金]  一般900円、高・大学生700円、小・中学生500円

■開館時間;
 午前10時〜午後8時

■主 催;美術館「えき」KYOTO、朝日新聞社

■内 容

1976年に連載を開始した当初の貴重な漫画原画を含む、多彩なカラーイラスト、モノクロ原稿で、名シーンを振り返ると共に、舞台化された際の資料など、計400点以上を通して、作品の魅力にあらためて迫る内容となっています。

また、2017年が美内すずえさんのデビュー50周年にあたることから、デビューからこれまでに発表した作品を紹介するコーナーも設置されるようです!


■ガラスの仮面といえば・・

幻の名作「紅天女(くれないてんにょ)」の主役をめぐり、激しい争いを繰り広げる天才少女・北島マヤと、宿命のライバル・姫川亜弓。マヤを陰から支える「紫のバラのひと」大都芸能社長・速水真澄や、伝説の大女優でありマヤの師である月影千草。登場するキャラクターも作品の大きな魅力となり、単行本49巻までの累計発行部数は5,000万部を超えるベストセラーとなっています。


安達裕美さん主演でドラマ化もされてましたよね〜。懐かしいデス。
posted by 絵画天次郎 at 11:09| Comment(0) | 京都府@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

オールテニプリミュージアム|京都で開催!

京都造形芸術大学にて、「オールテニプリミュージアム」が開催〜

原作×アニメ×ミュージカルのコラボ!

オールテニプリミュージアム in 京都

ファンに長く愛され、今でも進化し続けている「テニプリ」ならではのメディアミックス同時展開。「原作×アニメ×ミュージカル」の夢のコラボ展が京都造形芸術大学で開催されます!


《展覧会の概要》

20171022b.jpg

■開催地;京都市(左京区)

■会 場;京都造形芸術大学 人間館1階ギャルリ・オーブ
 京都造形芸術大学

■開催日;2017年10月12日(木)〜10月26日(木)

■入場料;
 1,200円

■開館時間;
 10:00〜18:00まで

■主 催;京都造形芸術大学など

■内 容

「あなたが選ぶテニプリベストゲーム」結果1位の試合の原画展示(約190点)を軸に、「原作+アニメ+ミュージカル」が一体となった史上初のテニプリイベント。

テニプリの歴史を巡る貴重な資料やアートの数々が秋の京都を彩ります!


==
■「あなたが選ぶテニプリベストゲーム」結果発表!

1位;関東大会 手塚国光 VS 跡部景吾

2位;全国大会 越前リョーマ VS 幸村精市

3位;全国大会 不二周助 VS 白石蔵ノ介

[4位]全国大会 大石秀一郎・菊丸英二 VS 宍戸 亮・鳳 長太郎
[5位]関東大会 乾 貞治 VS 柳 蓮ニ
[6位]全国大会 桃城 武 VS 忍足侑士
[7位]全国大会 手塚国光 VS 真田弦一郎
[8位]全国大会 越前リョーマ VS 跡部景吾
[9位]U-17 同士討ち 跡部景吾 VS 日吉 若
[10位]東京都大会 越前リョーマ VS 亜久津 仁


SNSアンケート「あなたが選ぶテニプリベストゲーム」の投票結果ベスト20位までを発表、第1位に選ばれた試合を、原作、アニメ、ミュージカルそれぞれによる「今」の描きおろし&撮りおろしで再現します!
posted by 絵画天次郎 at 08:08| Comment(0) | 京都府@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

「誰のためのマンガ展?」|京都・国際漫画ミュージアムで開催!

京都・国際漫画ミュージアムにて、「漫画展」テーマにした企画展示「誰のためのマンガ展?」が開催〜
「学習漫画」「風刺漫画」などの漫画が生まれた背景や役割を知る!
「誰のためのマンガ展?」

「漫画展」テーマにした企画展示「誰のためのマンガ展?」が展示されています!


〜簡単に記載しておきます↓

《展覧会の概要》==========
■開催地;京都

■会 場;京都国際漫画ミュージアム
  京都府京都市中京区 烏丸通御池上ル (元龍池小学校)

■開催日;2017年2月8日まで

■入場料;入館料は大人=800円、中高生=300円、小学生=100円

■開館時間;開館時間は10時〜18時(最終入館は17時30分)

■問い合わせ先;

■主 催;同館と京都精華大学国際マンガ研究センター、マンガミュージアム研究会

■内 容
漫画が生まれた背景や役割を知る「正しく読む」ことに、漫画に町おこしや外国人といった視点を組み合わせた実験的取り組みを行われています。

PS.漫画の歴史を深く考察できそうな企画ですね〜
posted by 絵画天次郎 at 11:08| Comment(0) | 京都府@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする