2016年03月26日

生誕180年記念 富岡鉄斎−近代への架け橋−展|神戸・兵庫県立美術館で開催!

神戸の兵庫県立美術館にて、「富岡鉄斎−近代への架け橋」が開催〜
多岐にわたる名品や資料など約200点を展示
連載完結記念 岸本斉史 NARUTO−ナルト−展

近代文人画の巨匠、富岡鉄斎(1836〜1924年)の生誕180年を記念し、兵庫県立美術館で「富岡鉄斎−近代への架け橋−展」が開催されます。


〜簡単に記載しておきます↓

《展覧会の概要》==========
■開催地;神戸市

■会 場;兵庫県立美術館
  神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号

■開催日;2016年3月12日〜4月10日、後期:4月12日〜5月8日

■入場料;一般1300円、大学生900円、高校生・65歳以上650円、中学生以下無料

■開館時間;

■問い合わせ先;078-262-0901

■主 催;兵庫県立美術館、鉄斎美術館、朝日新聞社

■内 容
同展覧会では、富岡鉄斎の画業の全貌が、多岐にわたる名品や資料など約200点により紹介されるとともに、その影響を受けた近代の画家、梅原龍三郎、中川一政などの作品もあわせて展示され、鉄斎の日本近代美術に果たした役割が明らかにされます。

PS.生誕から180年ってそう長くはないですよね!こんなに素晴らしい絵画が存在しているとは、本当に生で見る絵画はダイナックであり、迫力がありますね!
posted by 絵画天次郎 at 12:38| Comment(0) | 兵庫県@美術館情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム−展|神戸市・兵庫県立美術館で開催!

神戸市の兵庫県立美術館にて、「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」が開催〜
日本独自の発展を遂げるマンガ、アニメ、ゲーム。
その進化の歴史と社会との関連を解き明かす。

日本独自の発展を遂げるマンガ、アニメ、ゲーム。その進化の歴史と社会との関連を解き明かしていきます。


〜簡単に記載しておきます↓

《展覧会の概要》==========
■開催地;神戸市

■会 場;兵庫県立美術館(ギャラリー棟 3F)
  神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号

■開催日;9月19日(土)〜11月23日(月・祝)
ただし9月21日、10月12日、11月23日は開館。
9月24日(木)、10月13日(火)は休館。

■入場料; 前売一般800円 大学生500円 65歳以上/高校生400円
当日一般1000円 大学生700円 65歳以上/高校生500円
※中学生以下無料

■開館時間;19:00〜20:30
月曜休館

■問い合わせ先;tel. 03-5777-8600

■主 催;兵庫県立美術館

■内 容
マンガやアニメに大きな足跡を残した手塚治虫が亡くなったのが1989年。それ以降の、マンガ・アニメ・ゲームの3分野が、どのように広がり変わってきたのかを約60作品を通して概観する展示会となります。

PS.マンガの歴史、そして進化を観ることができそうです!
posted by 絵画天次郎 at 00:00| Comment(0) | 兵庫県@美術館情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

シンクロする創造の源泉|兵庫・兵庫県立美術館ギャラリー棟で開催!

兵庫県立美術館の展覧会情報〜
特別展 ガウディ×井上雄彦
シンクロする創造の源泉

「こけし時代」は、写真家・詩人で、こけし愛好家・マトリョーシカ研究家の沼田元氣さんが手掛けるこけし専門誌。

〜簡単に記載しておきます↓

《展覧会の概要》==========
■開催地;兵庫県神戸市

■会 場;兵庫県立美術館
 神戸市中央区脇浜海岸通 1-1-1

■開催日;2015年3月21日(土)〜5月24日(日)

■入場料;一般1500円、大学生1000円、高校生・65歳以上750円、中学生以下無料

■休館日;月曜日

■開館時間;10:00−18:00

■問い合わせ先;tel. 0570-063-050

■主催
毎日新聞社、朝日放送、東映

■内 容

ビッグ巨匠のコラボが実現!井上雄彦が建築家から受けたインスピレーションをその独特の感性により解釈し、ガウディの宇宙観を表現します。

PS.なかなか想像ができないイベントになりそうですね!
posted by 絵画天次郎 at 09:31| Comment(0) | 兵庫県@美術館情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする