2016年09月24日

連載30周年記念「ぼのぼの原画展」|宮城県・石ノ森萬画館で開催!

宮城県の石ノ森萬画館にて、連載30周年記念「ぼのぼの原画展」が開催〜
生きることの真理に触れるような、哲学的な一面を持ちあわせた作品
連載30周年記念「ぼのぼの原画展」

新作テレビアニメが放送中の、いがらしみきお氏の漫画「ぼのぼの」連載30周年を記念した原画展となります。


〜簡単に記載しておきます↓

《展覧会の概要》==========
■開催地;宮城県

■会 場;石ノ森萬画館
  宮城県石巻市中瀬2−7

■開催日;2016年10月22日〜12月10日

■入場料;大人800円、中高生500円、小学生200円で、未就学児童は無料。

■開館時間;9:00〜18:00

■問い合わせ先;tel.0225-96-5055

■主 催


■内 容
「ぼのぼの」は、1986年から現在まで「まんがくらぶ(竹書房刊・連載当初は『天才くらぶ』)」で連載されているロングラン作品で、累計発行部数900万部を超える4コマ漫画などが有名です。

PS.アニメ版の絵コンテや設定資料、いがらし氏の作画風景なども展示予定されるようです。


posted by 絵画天次郎 at 08:59| Comment(0) | 宮城県@美術館情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

「こけし時代」展覧会|宮城・カメイ美術館で開催!

宮城県仙台のカメイ美術館の展覧会情報〜
「こけし時代」
「幻のこけし」約150点を展示

「こけし時代」は、写真家・詩人で、こけし愛好家・マトリョーシカ研究家の沼田元氣さんが手掛けるこけし専門誌。

〜簡単に記載しておきます↓

《展覧会の概要》==========
■開催地;宮城県仙台市

■会 場;カメイ美術館
 仙台市青葉区五橋1-1-23

■開催日;2014年10月21日〜12月21日

■入場料;1800円

■休館日;

■開館時間;15:00

■問い合わせ先;tel. (022) 264-6543

■協賛
株式会社 イーブックイニシアティブジャパン

■内 容
東日本大震災発生後の2011年8月、「こけしの笑顔で東北を応援したい」という思いから、東北固有の文化であるこけしをテーマに創刊。

PS.こけしマニアにはたまらないイベントですね〜
posted by 絵画天次郎 at 23:49| Comment(0) | 宮城県@美術館情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

伊達政宗の夢|宮城・仙台市博物館で開催!

仙台での市立博物館の展覧会情報〜
慶長遺欧使節出帆400年-ユネスコ世界記憶遺産登録記念
慶長遺欧使節と南蛮文化

この展覧会では、国宝「慶長遣欧使節関係資料」をはじめ、日本国内及びヴァチカン・イタリア・スペインに残る使節関係資料や、キリスト教、南蛮文化に関わる多彩な文化財等225件によって、伊達政宗を使節派遣へと駆り立てた背景や使節の実像について紹介します。

〜簡単に記載しておきます↓

《展覧会の概要》==========
■開催地;仙台

■会 場;仙台市博物館
 宮城県仙台市青葉区川内26

■開催日;2013年10月4日(金)〜11月17日(日)

■入場料;一般・大学生=800円、高校生=600円、小・中学生=400円

■休館日;月曜日

■開館時間;9:00〜16:15

■問い合わせ先;tel. 022-225-3074

■主 催
慶長遣欧使節出帆400年・ユネスコ世界記憶遺産登録記念特別展「伊達政宗の夢―慶長遣欧使節と南蛮文化」実行委員会(仙台市博物館、河北新報社、TBC東北放送)、宮城県ミュージアム復興事業実行委員会

■内 容
徳川幕府の初期は、対外政策において比較的寛大な姿勢を維持していた時代であったため、外国との交流に目を向ける大名も少なくはなく、仙台藩主の伊達政宗も例外ではなかった。1613(慶長18)年9 月にメキシコ、スペイン、ローマへ向けて家臣の支倉常長(はざくらつねなが)を遣欧使節として派遣した。世に言う「慶長遣欧使節」である。

《芸術関連情報》==========
マンガ講座【入門編】が仙台市で開講!

PS.戦国時代の中にあっても、伊達政宗は海外へも目を向けていたんですね。大河ドラマで見ていた独眼竜の夢を詳細にわかる展示会といえるかもしれません^^
posted by 絵画天次郎 at 08:30| Comment(0) | 宮城県@美術館情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする