2018年01月23日

新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで|札幌で開催!

北海道・札幌芸術の森美術館にて、新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで〜が開催

国民的大ヒット映画の貴重な原画が!

新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで

アニメーション監督「新海誠」氏のデビュー15周年を記念して、大ヒット映画「君の名は。」など過去作品の原画などを展示する特別展が、札幌芸術の森美術館にて開催中です。


《展覧会の概要》

20180102.jpg

■開催地;北海道(札幌市)


■会 場;札幌芸術の森美術館
 北海道札幌市南区芸術の森2丁目75番地


■開催日;2018年1月3日(水)〜2018年2月25日(日)


■入場料;
 一般 1,000円 / 高校・大学生 600円 / 小・中学生 400円


■開館時間;
 9:45〜17:00(入場は16:30まで)


■主 催;札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)、HTB北海道テレビ、HTBプロモーション、北海道新聞社、朝日新聞社


■内 容
「新海誠」氏の映画監督デビュー作から最新作まで、劇場公開6作品の貴重な制作資料である絵コンテ、設定、作画、美術、映像をはじめ、世界観を体験できる造形物などを展示。

あの国民的大ヒット映画「君の名は。」の美しい風景描写を目の前で観ることができます!
==

■「新海誠」監督の劇場公開6作品を紹介!!

・ほしのこえ(2002)
・雲のむこう、約束の場所(2004)
・秒速5センチメートル(2007)
・星を追う子ども(2011)
・言の葉の庭(2013)
・君の名は。(2016)
==

このほか、初期短編作品やCM、言葉、音楽なども展示。新海作品の魅力を余すところなく体感できる構成になっているとか。

新海作品といえば、個人的には劇場で観た「言の葉の庭」の圧倒的な絵の美しさが印象に残っています♪
posted by 絵画天次郎 at 22:18| Comment(0) | 北海道@美術館情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

安彦良和 原画展|北海道で開催!

北海道・網走市立美術館にて、「安彦良和 原画展」が開催〜〜

ガンダム、ライディーンの原画!

安彦良和 原画展

リアルロボットアニメの代名詞「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインと作画監督担当した漫画家、「安彦良和」による原画展が北海道・網走市立美術館にて開催されます。


《展覧会の概要》

20171001.jpg

■開催地;北海道(網走市)

■会 場;網走市立美術館
 北海道網走市南6条西1丁目

■開催日;2017年10月7日(土)〜11月26日(日)

■入場料;
 高校生以上500円 / 小中学生250円
 ※網走市内・大空町の小中学生は土曜無料

■開館時間;
 10:00〜16:00
 ※開催日初日は10:00開会式後に開館

■内 容
網走市市政施行70年、網走市立美術館開館45周年を記念して、遠軽町出身の安彦良和先生の原画展が開催されます。社会現象となったガンダムをはじめ、勇者ライディーンなど名作アニメの原画などが約90点が展示。初日の10月7日には、安彦氏がゲストとして登壇し、オープニングトークが行われる予定です。


==安彦良和先生の手がけた作品といえば・・

監督作品

・クラッシャージョウ 
・巨神ゴーグ 
・アリオン 
・風と木の詩 
・ヴイナス戦記 
・機動戦士ガンダム THE ORIGIN

デザイン

・勇者ライディーン
・わんぱく大昔クムクム
・超電磁ロボ コン・バトラーV
・無敵超人ザンボット3
・テラホーク ー地球奪還指令ー
・機動戦士ガンダム
・白い牙 ホワイトファング物語
・機動戦士Ζガンダム
・機動戦士ガンダムF91
・地球SOS それいけコロリン
・新海底軍艦
・GUNDAM EVOLVE(EVOLVE../9)
・機動戦士ガンダムUC
==

アニメの歴史を彩るファン垂ぜんの原画展ですね〜♪
posted by 絵画天次郎 at 09:07| Comment(0) | 北海道@美術館情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

ゴールデンカムイ−企画展|北海道・小樽の総合博物館で開催!

北海道の小樽の総合博物館にて、ゴールデンカムイ−企画展が開催〜
日露戦争の帰還兵とアイヌの少女が活躍するストーリー
ゴールデンカムイ−企画展

明治末の北海道を舞台にした野田サトルさんの冒険漫画「ゴールデンカムイ」の企画展となります。


〜簡単に記載しておきます↓

《展覧会の概要》==========
■開催地;北海道

■会 場;小樽の総合博物館
  小樽市手宮1丁目3番6号

■開催日;2016年9月25日まで

■入場料;

■開館時間;

■問い合わせ先;tel. 0134-32-4111

■主 催

■内 容
展示では原画や作中のコマ約40枚と共に、当時の小樽の写真、衣装や仕掛け矢などアイヌの民具と文化を紹介しています。

PS.今回はアイヌの言葉や文化表現は膨大な取材に裏付けられているのが特徴のようです!
posted by 絵画天次郎 at 13:18| Comment(0) | 北海道@美術館情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。