2017年10月29日

80sガーリーコレクション〜カワイイ≠ヘ時間を越える〜|兵庫で開催!

兵庫・宝塚の宝塚市立手塚治虫記念館にて、「80sガーリーコレクション〜カワイイ≠ヘ時間を越える〜」が開催〜

「ユニコ」に代表される昭和ガーリーカルチャー!

80sガーリーコレクション〜カワイイ≠ヘ時間を越える〜

昭和ガーリーカルチャーを懐古・発信するブログ「昭和的ガーリー文化研究所」で人気を集める、ゆかしなもんさんの協力で、1000点を超えるコレクションからセレクトした当時のグッズを展示する企画展が兵庫・宝塚にて開催されます。


《展覧会の概要》

20171029a.jpg

■開催地;兵庫県(宝塚市)


■会 場;宝塚市立手塚治虫記念館
 宝塚市武庫川町7番65号


■開催日;2017年10月27日(金)〜2018年2月20日(火)

■入場料;
 大人:700円(560円)、中高生:300円(240円)、小学生:100円(80円)
 ※( )内は10人以上の団体料金

■開館時間;
 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)


■主 催;宝塚市/宝塚市教育委員会


■内 容

ファンシーなキャラクターが世にあふれていた1980年代にスポットを当てる企画展です。手塚作品からはガーリー代表として「ユニコ」のグッズが披露されるほか、映像作品や手塚の直筆カラー原画6点を展開。そのほか「ハローキティ」「うちのタマ知りませんか?」「金太くん」など、80年代を代表するカワイイが並びます。


■昭和ガーリーいえば・・

「ユニコ」

1976年、手塚治虫が描き下ろした少女マンガ作品「ユニコ」の主人公。このキャラクターは、当時アメリカにあるサンリオのスタジオへ遊びに行った手塚治虫が、その場で思いつきスケッチし誕生したと言われています。物語は、幸せをもたらすユニコーンの子どもが愛を求めてさすらいの旅をする、愛おしくてちょっぴり切ないファンタジーです。「ユニコ」が全国に知れ渡ったのは、サンリオ映画として「ユニコ」(1981年)、「ユニコ魔法の島へ」(1983年)と2本続けて映画化されたことがきっかけでした。


「ハローキティ」

世界中のみんなが大好き、キティちゃん! デビューは1974年。本名はキティ・ホワイトいうステキなお名前なのです。身長はりんご5個分、体重はりんご3個分というプロフィールも可愛い♡ 双子のミミィちゃんとも大の仲良し。愛らしさはそのままに、時代とともにさまざまにデザインを変化させながら、何度も「ハローキティブーム」を巻き起こして来た、サンリオのシンボル的存在です。


「金太くん」

81年に誕生したミドリ(現・デザインフィル)の金太郎キャラ!それまでのファンシー業界はメルヘン系やアメリカン風のキャラが主流だったなか、和の日本男児キャラの登場は一大セン セーションに☆勇ましいけど、どこかかわゆい金太くんなのです。
posted by 絵画天次郎 at 14:25| Comment(0) | 兵庫県@美術館情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

安野モヨコ原画展|宮城で開催!

宮城・石ノ森萬画館にて、「安野モヨコ原画展」が開催〜

「働きマン」や「オチビサン」!

安野モヨコ原画展

代表作『ハッピー・マニア』から、現在も執筆継続中の『オチビサン』『鼻下長紳士回願録』まで。安野モヨコ、20年超の画業から、選りすぐりの原画を展示する大規模個展が宮城「石ノ森萬画館」開催されます。


《展覧会の概要》

20171020.jpg

■開催地;宮城県(石巻市)

■会 場;石ノ森萬画館
 宮城県石巻市中瀬2−7

■開催日;2017年10月21日(土)〜 2018年1月14日(日)

■入場料;
 大人800円/中高生500円/小学生200円/未就学児無料

■開館時間;
 9:00-18:00 (12月〜2月は17:00閉館)

■問い合わせ先;三省堂書店池袋本店 03(6864)8900(代表)

■主 催;石ノ森萬画館

■内 容

女性の本音や悩み、ファッション、時代の空気、美意識を漫画の中に盛り込み、深い共感を得てきた漫画家・安野モヨコの大規模原画展です。代表作のトビラ絵や名シーンを網羅し、一堂に展示。今展および画集のため筆を執った、描きおろし作品もお披露目されます♪

ファンの間で「幻の」と称されてきた『さくらん』第二部の原稿も展示されるなど、見どころの多い内容に!


==連動企画!!

1)ワークショップ「モヨコの塗り絵〜シリーズパルファム〜」開催
会期中、当日観覧券(または年間パスポート)を3階ライブラリーの受付に提示すると、観覧券1枚につき「モヨコの塗り絵ポストカード(全4種類のうち1枚)」をプレゼント。その場で塗り絵が楽しめます。

2)「安野モヨコ原画展」石ノ森萬画館会場限定グッズ
1階グッズショップ「墨汁一滴」にて「安野モヨコ原画展」特設コーナーが登場。
注目の石ノ森萬画館会場限定グッズをご紹介します!

3)喫茶BLUE ZONE「安野モヨコ作品コラボメニュー」
安野モヨコ作品と石ノ森萬画館のオリジナルコラボメニューが3品登場。かわいい&おいしいメニューをぜひお楽しみください♪またコラボメニュー1品ご注文につき、特典ブロマイドプレゼント!
posted by 絵画天次郎 at 12:11| Comment(0) | 宮城県@美術館情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

オールテニプリミュージアム|京都で開催!

京都造形芸術大学にて、「オールテニプリミュージアム」が開催〜

原作×アニメ×ミュージカルのコラボ!

オールテニプリミュージアム in 京都

ファンに長く愛され、今でも進化し続けている「テニプリ」ならではのメディアミックス同時展開。「原作×アニメ×ミュージカル」の夢のコラボ展が京都造形芸術大学で開催されます!


《展覧会の概要》

20171022b.jpg

■開催地;京都市(左京区)

■会 場;京都造形芸術大学 人間館1階ギャルリ・オーブ
 京都造形芸術大学

■開催日;2017年10月12日(木)〜10月26日(木)

■入場料;
 1,200円

■開館時間;
 10:00〜18:00まで

■主 催;京都造形芸術大学など

■内 容

「あなたが選ぶテニプリベストゲーム」結果1位の試合の原画展示(約190点)を軸に、「原作+アニメ+ミュージカル」が一体となった史上初のテニプリイベント。

テニプリの歴史を巡る貴重な資料やアートの数々が秋の京都を彩ります!


==
■「あなたが選ぶテニプリベストゲーム」結果発表!

1位;関東大会 手塚国光 VS 跡部景吾

2位;全国大会 越前リョーマ VS 幸村精市

3位;全国大会 不二周助 VS 白石蔵ノ介

[4位]全国大会 大石秀一郎・菊丸英二 VS 宍戸 亮・鳳 長太郎
[5位]関東大会 乾 貞治 VS 柳 蓮ニ
[6位]全国大会 桃城 武 VS 忍足侑士
[7位]全国大会 手塚国光 VS 真田弦一郎
[8位]全国大会 越前リョーマ VS 跡部景吾
[9位]U-17 同士討ち 跡部景吾 VS 日吉 若
[10位]東京都大会 越前リョーマ VS 亜久津 仁


SNSアンケート「あなたが選ぶテニプリベストゲーム」の投票結果ベスト20位までを発表、第1位に選ばれた試合を、原作、アニメ、ミュージカルそれぞれによる「今」の描きおろし&撮りおろしで再現します!
posted by 絵画天次郎 at 08:08| Comment(0) | 京都府@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする