2017年09月01日

久米田康治のかくしごと展|熊本で開催!

熊本県の湯前まんが美術館にて、「久米田康治のかくしごと展」が開催〜

貴重なネームや原画が約250点!

久米田康治のかくしごと展

久米田康治氏が、湯前まんが美術館の周辺一帯で行われた「2015ゆのまえ漫画フェスタ」に出演したことがっかけで実現した展覧会。デビュー作「行け!!南国アイスホッケー部」から最新作「かくしごと」までのネームや鉛筆原画、デジタル原画など約250点が展示されます。

《展覧会の概要》

20170901b.jpg

■開催地;熊本県(湯前町)


■会 場;湯前まんが美術館(湯前町中央公民館)
 熊本県球磨郡湯前町1834-1


■開催日;2017年8月26日(土)〜10月15日(日)

■入場料;
 一般・大学生・高校生 300(210)円
 小学生・中心 100(70)円
 ※()内は20名以上の団体様料金

■開館時間;
 9時30分〜17時まで

■問い合わせ先;Tel 0966-43-2050

■主 催;湯前まんが美術館


■内 容

久米田先生のデビュー作「行け‼南国アイスホッケー部」をはじめ、「かってに改蔵」「さよなら絶望先生」、「かくしごと」などの原画やデジタル原画、書籍などを一挙に展示します。


■展覧会のみどころ・・

久米田先生の作品は、現在の出版コードではとても許容されない下ネタの数々は、今なお30代男子の性春の記憶に深く刻み込まれ、伝説の作品となっているものや、昭和ノスタルジックな世界観と現代風刺を取り入れたショートコメディなど楽しい作品ばかりです。
posted by 絵画天次郎 at 06:17| Comment(0) | 熊本県@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

刀剣乱舞-本丸博-|名古屋・栄で開催!

名古屋市の松坂屋名古屋店にて、刀剣乱舞「本丸博」が開催〜

初の公式複合イベント!

刀剣乱舞-本丸博-

2015年1月14日よりサービスを開始した刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」。二周年を迎え、初の公式複合イベントとなる『刀剣乱舞-本丸博-』を開催します。ゲームをはじめ、ミュージカル・舞台・アニメとメディアミックスが一堂に集結!


《展覧会の概要》

20170906b.jpg

■開催地;名古屋(栄)


■会 場;松坂屋名古屋店本館7階 大催事場
 愛知県名古屋市中区栄3丁目16−1


■開催日;2017年8月31日(木)〜9月6日(水)


■入場料;
 前売券:1,800円(税込)/当日券:2,000円(税込)


■開館時間;
 10:30開場 18:30閉場


■主 催;『刀剣乱舞-本丸博-』名古屋 実行委員会


■内 容

男性に擬人化した名刀を収集・育成する大人気インターネットゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」の配信2周年記念イベント。テーマは「博覧会」。ゲームをはじめ、ミュージカル・舞台・アニメとメディアミックスが一堂に集結するほか、本丸博限定の商品も発売されます。


■刀剣乱舞の人気キャラクター紹介(賛否両論あるかもしれませんがw)・・

鶴丸国永(つるまるくになが)

三日月宗近(みかづきむねちか)

加州清光(かしゅうきよみつ)

燭台切光忠(しょくだいぎりみつただ)

大和守安定(やまとのかみやすさだ)

へし切長谷部(へしきりはせべ)

一期一振(いちごひとふり)

薬研藤四郎(やげんとうしろう)

山姥切国広(やまんばぎりくにひろ)

蛍丸(ほたるまる)



などが根強い人気ですね〜。
posted by 絵画天次郎 at 16:58| Comment(0) | 愛知県@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

武梨えり「かんなぎ」完結記念展「夏の大赦祭」|東京・神宮前で開催!

東京・渋谷の青山GoFaにて、武梨えり「かんなぎ」完結記念展「夏の大赦祭」が開催〜

原作の完結記念!

武梨えり「かんなぎ」完結記念展「夏の大赦祭」

「月刊ComicREX」にて連載されている人気漫画「かんなぎ」の完結を記念して、原作者・「武梨えり」による原画展が東京・渋谷にて開催されます。


《展覧会の概要》

20171121b.jpg

■開催地;東京都(渋谷)

■会 場;青山GoFa
 〒150-0001 渋谷区神宮前5丁目52-2 青山オーバルビル2F

■開催日;2017年7月29日(土)〜9月3日(日)

■入場料;
 要チケット購入(税込600円)

■開館時間;
 12:00〜18:00

■主 催;GoFa(Gallery of Fantastic art)

■内 容
カラーイラスト、名シーンの展示のほか、今回のために用意された武梨えり描きおろしイラスト、そのドローイング映像の展示など、「かんなぎ」の魅力と武梨えりのアートワークの妙技に迫る内容となっています。


【展覧会のみどころ・・】

展示は2期に分けられており、8月12日までの前半では、2013年以降に執筆された「かんなぎ」のストーリーにスポットを当てたものになり、近年のアートワークも紹介。8月16日から始まる後半では、連載初期から完結までを振り帰る展示となり、厳選されたカラーイラストや直筆原稿などが展示されます。

会場では展示のほかに、記念グッズやコラボカプチーノの販売などもファンには嬉しいですね♪
posted by 絵画天次郎 at 10:21| Comment(0) | 東京@展覧会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする